「英語だけができてもダメ」について考えてみた。

これってよく聞く言葉ですよね。英語だけできたところで他に何か能力がなければ意味がない。

うんうん、言いたいことは理解できます。
実際、英語プラス何か専門知識がある人は日本社会ではかなり貴重な存在になれると思います。

僕は普通科の高校を出て、外国語学部に入ったので、英語しかしてこなかったことに少しだけ後悔しております。
パソコンやウェブに関する知識や能力があればな~。


じゃあ「英語だけができてもダメ」なのか?



日本においては英語ができること自体それなりのアドバンテージになる。

確かに、海外では英語が使えることは当たり前なので、英語ができるだけでは意味がありません。

しかし幸いなことに、僕たちは日本という国に生まれました。
ここでは英語を話せる方が未だにめずらしいんです。

就職活動では、特に英語以外の資格を持っていなくても、TOEICの高得点や英検準1級以上の保持者は一目おかれますよね。

僕が就活していたころはTOEIC以外の資格はいっさい持っていなかったのですが、それでもかなり優遇されたのは実感しました。

多くの日本人は英語をうまく話せないことにコンプレックスを持ってるんです。
なので世の中には英語学習系ビジネスであふれかえっている。

英会話教室は日本中に数え切れないくらいあるし、都会のほうなんかは英語の資格試験対策の学校なんかもあるらしいです!

他にも、今では翻訳の仕事も簡単に見つかります。


これはつまり、多くの英語が得意な人が実際に自身の英語力を活かしてお金を儲けているということです。

もちろん指導力や、翻訳に関しては言葉のセンスも必要ではありますが、けっきょく軸となっているのは英語です。後はおまけみたいなものです。

英語だけでもできれば、なんとか仕事を見つけて(もしくは作って)、お金持ちにはなれないかもしれませんが、最悪、食べていくだけならできるはずです。



ほとんどの人は何もできない。

まだ英語ができるだけマシですよ!
極論かもしれませんが、ほとんどの人が特別何かできるわけじゃないでしょう?

自分の周りの人を思い浮かべてみてください。彼らには何か特別な能力がありますか?

きっとそんなものはないはずです。


営業がうまい?コミュ力が高い?
人見知りでコミュ障の僕にとってはうらやましい能力ではあるんですが、それってけっこう曖昧ですよね。

そのぶん英語は能力をはっきりと提示しやすいんです。

何もとくに強みのない平均的な人を大量生産する日本社会の中では、英語ができるだけでもそれなりの価値があるんじゃないでしょうか?



「英語だけができてもダメ」に対する違和感。

英語ができて他にも専門分野に強い人が言う「英語だけできてもダメ」は説得力も重みもあります。
そういう人は尊敬できますし、その人の言葉からは何か学ばなければと思えます。

しかしですね、「英語だけできてもダメ」という人ってほとんどが、自分の英語に関してコンプレックスを持っている人な気がするんですよ。もちろん全員ではありません。

実際、僕もこの言葉はうんざりするぐらい聞いてきたし、言われたこともあるんですが、ほとんどの人が僕からしたら何も尊敬できることがない人たちです。じゃあ、あなたには何ができるんですか?ということです。

英語ができる人に対してのひがみや、英語しかできない相手を否定することによる英語が苦手な自分の自己肯定に対して、僕は違和感を覚えます。

先ほど言ったように、英語だけで飯を食っている人は一定数存在しているんです。

対して取り柄のない人よりは、英語だけしかできない人のほうがよっぽど有能ですよ。



ただ、「英語ができる」という定義も少し曖昧。

何をもって英語ができるというのか。
これは人によって感じ方が違ってくるので難しいですね。

TOEIC900点あれば英語ができる?英検準1級あったら英語できる?
いや、それとも最低でも1級?

英字新聞を読めること?洋画が字幕なしで観れること?

これらを言い出したらキリがないんですが、まあ自分がそれで納得できるかどうか、というところですかね。


僕自身、おそらく日本ではなんとか「上級者」の類ではあるかもしれませんが、英語ネイティブスピーカーには程遠いですし、「超上級者」の域には達していません。

これから少しでも自分のレベルを上げられるように頑張りたいです!


今英語を勉強しているみなさん、「英語だけできたところで」
とか言われたとしても気にすることはありません。

周りのことは気にせず納得のできるように一緒にがんばりましょう♪