これにけっこう困ってる人が多いみたいですね。

超簡潔に言うと、

heart は「ハーt」
hurt   は「は~t」

という感じです。

「アー」という音は、口を大きく開けて喉の奥の方から出す、日本語の「あー」よりもハッキリした音です。

それに対して、「あ~」という音は、完全に脱力した状態で出す、ぼやっとしただらしない響きです。

それぞれ比べてみましょう。


ɑː「アー」の音

口を大きく開き喉の奥の方から出す「アー」という音です。日本語よりもかなりはっきりした響きにかります。単語のスペリングで ar を含む物がほとんどです。

例:car, star, large, far, park, dark 等。

イギリス英語では、ar 以外の単語も多いです。

例:ask, answer, example, castle, pass, staff, fast 等。


əː「あ~」の音

口をほとんど開けずに、脱力して出す「あ~」という音です。かなりぼやっとした響きになります。千と千尋の顔なしの出す「あ~」のような音。a以外の母音+ r のスペリングを含む物がほとんど。

例:word, learn, bird, turn, girl, nervous 等。



イギリス英語とアメリカ英語の違い

イギリス英語では母音+R のときに、Rは発音しないので、スッキリした響きになります。アメリカ英語では、Rを発音するので、ベタッとした響きです。

ここからは米発音です。


米では「アー」には最後にR を添える

例:Car

英「カー」 米「カーr」


米では「あ~」には初めからR の音を混ぜ混む。

例:learn, herd(群れ), work 等。

これは音をカタカナや平仮名で表記するのには限界があるので、ご了承ください。「あ~R」ではなく、「あ~」に初めからRの音を混ぜ混みます。


「アー」と「あ~」の単語の比較

それぞれ練習してみてください。左が「アー」で右が「あ~」です。この2つの音を区別して出せると、それだけでもかなり英語らしくなります。

hearthurt

starstir

hardherd

dartdirt

passpurse  ※pass の英発音

farfur