Lingohack とはBBC Learning English というイギリスの英語学習サイトのコンテンツの1つです。BBC World News の映像と音声を、英語学習者向けに語彙の説明や字幕をつけて編集したものです。


まあ、実際に見てみたほうが早いと思います。長さは3~4分と短めなのでどうぞ。


どうですか?リスニングの練習の素材としてなかなか優秀だと思います。

実際のニュースの音声のリスニングと同時に、その中で使われている語彙の4つを学ぼうというコンセプト。

BBCはもちろんイギリス英語なので、イギリス英語でリスニングの練習をしたい人には特にオススメです。


リスニングの練習に最適

BBC News の生の音声なので、本物の英語でリスニングの練習ができます。

標準的なイギリス英語の発音なことに加えて、プロのアナウンサーが丁寧に読み上げてくれているため、お手本のような英語が聞けます。

一般人のように訛りや不明瞭さがある英語ではないので、意外と聞き取りやすいと思います。スピードもそんなには速くないですよ。

リスニングに苦手意識がある人には、ちょうど良い負荷になり取り組みやすいのではないでしょうか?TOEICや英検の練習としても良いと思います。


英検準1級レベルの語彙学習に

毎回取り上げられる単語は基本的に英検準1級レベルが多いです。

こういったレベルの単語を知っていると、ニュースはもちろん英文記事や洋書を読むのにも役立ちます。

ここで少しずつ新しい単語を学ぶこともできますし、もともと語彙力の高い人は知っている単語がどのようにニュースで使われているかわかるため、単語の更なる定着が期待できます。


オススメの使い方

まずは、ニュース音声の前に、4つの単語が英語の意味とともに前もって表示されるので、そこで単語の意味を把握します。

次に音声を聞き始めるのですが、字幕は見ないようにします。字幕はOFFにならないので、字幕無視で映像を見ながらリスニングしてみます。字幕がどうしても目に入ってしまう人は映像は見ずに音声だけで行います。

どのくらい理解できたかを考えてみましょう。次は映像と字幕を見ながら内容を確認。  

そのあとは、字幕なしと字幕ありのリスニングを繰り返して、しっかり聞き取れる状態にします。

そこまででも良いのですが、そこからはシャドーイングもオススメします。綺麗なお手本のような生のイギリス英語です。これをシャドーイングすることで、リスニングとともにスピーキングにも良い効果があります。


週に7回(1日10~15分)がオススメ

BBC Learning English にはいくつかコンテンツがあり、その1つがLingohack なのですが、どのコンテンツも毎週決まった曜日に1つずつ新しいものが追加されます。

1回聞いたらそれっきりなのはもったいないです。次の新しいものが追加されるまでの7日間は繰り返し使って学習すると効果が高まります。

といっても、1日10~15分程度で充分です。なるべく毎日繰り返すかとが重要だと思います。

例えば、1日目はリスニング、それからは毎日10分のシャドーイング、という使い方が良いでしょう。そうすることで、聞くこと話すことにおいて英語の音に慣れてきます。

せっかく無料でクオリティも高いので、できるだけ活用してしまいましょう。


他のコンテンツもオススメ!

他にも、6 Minute EnglishThe English We Speak というものもあります。Lingohack と並行して同じような使い方をすることで、リスニング・スピーキング、語彙強化が簡単に行えます。

例えば、6min ×3回(約20分)、The English We Speak を4回(約10分)、Lingohack を3回(約10分)の合計40分を1日にシャドーイングなんか良いですね。同じコンテンツで7日間もやると語彙や表現も勝手に身についています。

もちろん英語を英語で学べるし、音声中心の学習になるのも利点です。

最近はスマホの無料アプリも出て、ますます気軽に使いやすくなったので、ぜひBBC Learning English を英語学習に取り入れてみてください。なかなか良いですよ~。