最近オーディオブックが流行っているのは知っていますか?

オーディオブックとは名前の通り、紙の本をプロのナレーターが朗読してくれている音声本のことです。

紙の本を読むときは、本を持って文字をずっと見ているので疲れることもありますが、それなら耳で聞いてしまえば楽じゃん、というものです。

オーディオブックだと運転しながらでも何か家事をしながらでも本を読めますからね。

英語圏では朗読音声を聞くのは昔から人気らしいですが、ようやく日本でも流行りつつあります。

そこでですが、英語学習にはオーディオブックが超オススメ!試してみたら超良すぎてテンション上がりまくりでさっそくブログを書いているところです!!


オーディオブックはAmazon のAudible から試すことができます。



これに申し込めば申し込んだ日から1ヶ月間Audible が無料体験できるのですが、これがめちゃくちゃ良い。Amazonさん、サービスし過ぎじゃないかと心配になります笑

無料体験中は好きなオーディオブックが1つタダで手に入ります。しかも12/12までに無料体験を始めた人は30日間Amazonポイントまでもらえるそう。無料でダウンロードしたオーディオブックを1日に5分聞くと毎日Amazonポイントが貯まります。

1ヶ月毎日5分聞くだけでAmazonプライム会員だと3000円、非会員だと1500円相当のポイントが手に入りAmazonでの買い物に使えるという。お金ばらまき過ぎな気がしますが、いったいどれだけお金が有り余っているんでしょうか、、笑

ちなみに、手にいれたオーディオブックは退会しても自由に使えるので、無料体験期間の1ヶ月が過ぎる前に退会したらポイントはもちろんオーディオブックをタダで持ち逃げできます。笑

ぼくはそのつもりだったのですが、色々と試聴してみて実際に1つダウンロードしたら思っていた10倍ぐらい良かったのでそのまま会員になるつもりです。

月会費は1500円でそんなに高くないし、会員だと毎月オーディオブックが1冊どれでも好きなものを値段に関わらずダウンロードできます。しかも他に購入する場合はどれも30%オフ。

毎月1冊タダなのは大きすぎる。。

とまあこんな感じなので、使わない手はありません。特に英語学習者には超が12回つくぐらいオススメ!本当に!

さっそく会員になって(今をまだ無料体験中)、もととも持っている洋書のオーディオブックをダウンロードして聞いてみました。

まずはぼくの画面と一緒にAudible の使い方を説明していきます。その後に、英語学習への活用法をお話します。

ちなみにダウンロードしたオーディオブックはこちらです。

Paddington とかなり迷いましたが、せっかく無料なので値段が高く再生時間も長いこっちにすることに。

これは紙の本ですでに読み終わったものなのですが、今回は敢えて英語学習に活用するために一度読んでいるこの本のオーディオブックを選びました。

ちなみにこの本が気になるかたはこちらの記事を見てみてください。



Audible の機能と使い方!

無料体験登録をしたらAudible のアプリ(無料)をインストールして開きます。そこでおすすめの中から好きなものを探したり自分で検索したりします。

どれでも約5分の試聴ができるので、そこでお気に入りのナレーターの音声を見つけるといいですね。例えば、ぼくはイギリス英語じゃないと落ち着かないので、色々と試聴してみてイギリス英語ナレーターのオーディオブックを選びました。

ちなみに、イギリス人ナレーターのオーディオブックでおすすめを記事にまとめています。

関連記事:イギリス英語のオーディオブックでシャドーイングに使える洋書を4つ厳選してみた!


オーディオブックをダウンロードするとこのようにライブラリーに追加されます。

Screenshot_2018-11-15-23-46-31

ぼくはまだ1冊しかないのですが、ここに自分がダウンロードしたものが出てくるので、聴きたいものを選びます。

オーディオブックを開くとこんな感じ。

Screenshot_2018-11-15-23-36-09

目次のところで、本のそれぞれのチャプターを選べます。

すごいなと思ったのは、音声の再生速度を調整できることです。音声速度を調節できると使い方の幅が広がります。

Screenshot_2018-11-15-23-37-01

もともと朗読音声なので、そんなに速くありません。これはそれぞれが目的に合わせて調節したらいいですね。

次はスリープタイマーです。そこをタップすると

Screenshot_2018-11-15-23-47-12

音声を寝転がって聞いていたらいつのまにか寝ちゃったりもあると思います。敢えてベッドに入って眠りにつきながら聞く人もいるはずです。

そこで、タイマーを設定できます。時間が来たら音声が勝手に止まる仕組みですね。これはありがたい。

こんな感じで、必要な機能がすべて一通り揃っていてかなり使いやすいです。これは本当にハマる予感。。!


Audible で英語学習

色々な使い方があると思います。もちろん、本来の使い方のように朗読を聴いて耳から本を読むのもありですし、実際に紙の本を手元に置いておいて、音声を聞きながら目で文字を追っていくのもいいですね。

ちなみにオーディオブックは洋書多読にも相性が良いと思っています。

洋書を多読するコツは、レベルをぐんと落として自分が簡単に読んで理解できるものを選ぶことです。

レベルが簡単なものだと、前からどんどんと読んでいきやすいのですが、ふとしたときに返り読みしてしまってなかなか進まなくなることもあると思います。

そこで、音声に合わせて文字を読んでいくことによって強制的にスラスラと読み進めることができます。英語を英語のまま捉えていけるので、多読の目的にもばっちり合います。

また、音声だと、リズムのつけ方や区切り方がわかり英語を塊で把握しやすいメリットもあります。もちろんリスニングにも最適です。

なので、手元にある本を読みながらオーディオブックを聞くというのはすごく良いと思います。

それよりも個人的に一番オススメなのはやはりシャドーイングです。Audible はシャドーイング素材の宝庫です。


Audible でシャドーイングするメリット

オーディオブックに加えて、その紙の本、もしくはKindle版も用意しておきます。

本の文字数によりますが、色々と見てみた感じだと、オーディオブックは1冊で2時間半~4時間ぐらいの長さが多かったです。ENGLISH SHORT STORIES も3時間程度です。

つまり、1冊ぶんのオーディオブックをGETするだけで、かなりの分量のシャドーイング素材を確保できます。

1ヶ月に1冊をタダで手に入れ、その1ヶ月間に1冊のペースでシャドーイングしまくればかなり強いと思いませんか?

さっき説明した通りで音声速度を調節できるので色んなレベルの人がシャドーイングに取り組みやすいのもメリットです。

とは言っても、朗読音声は速すぎないのでシャドーイングにぴったりです。

そしてなりより、プロのナレーターの英語音声が最高すぎる。。こんなに上質な英語を味わえるのは本当に贅沢。。

とくにイギリス人ナレーターの英語は圧巻です。これぞ世界がモデルとするべき格調高い英語でしょう。教養と知性の溢れるプロのイギリス英語はもはや芸術です。

それをそっくり真似してシャドーイングすることで、リスニングやリーディングはもちろん、自分自身の英語が確実に格調のある英語に近づきます。

これが朗読音声のシャドーイングの最大のメリットと言っても過言ではないです。

それに劣らないメリットは、本物のナチュラルな英語が洋書では使われていることですね。それを真似ることはかなり会話に役立つます。日本の市販の学習教材はどうしても学習者向けに加工されているので。

また、洋書はあらかじめ英語レベルがどれぐらいかわかるので、シャドーイング目的でも素材を選びやすいですね。英語学習者向けのものも多いですし。



まとめ

こんな感じでメリットだらけなので、今のうちに無料体験してみることをオススメします!



自分も試してみてテンション上がりまくって一気に書き殴ったのでまとまりがなかったかもしれませんが、それぐらい本当に良い。。

紙の本とオーディオブックを併用すれば、リーディング、リスニング、スピーキングまでが完結してしまうという好循環も魅力です。

Audible の無料体験をする

そこのリンクから無料体験の登録ができるようにしてあるのでどうぞ。英語学習者はぜひAudible でオーディオブック&洋書学習を取り入れてみてください。