Twitter の英語学習者の間でものすごく話題になっている単語帳をついにGETしました!

昨日(2019/2/2)に発売されたばかりの、デキタテほやほや。ということで、いち早くこの単語帳がどんなのかを皆さんのために紹介しようと思います。

これは2つのレベルに分かれています。


英英英単語(上級編)


英英英単語(超上級編)

2つとも何がすごいかというと、単語の意味が英語で書かれていることです。

英英辞書と同じように、英語を英語のまま意味が確認できるというわけです。英単語は英語のまま覚えてしまったほうが単語の本質を理解しやすいのでオススメ。日本の単語帳では新しいコンセプトだと思います。

それの補足として日本語の意味もいちおう書かれています。

ぼくは英検1級を持っていて、語彙力は現在おそらく15000語程度あると思うのですが、そんなぼくが単語のレベルや内容を客観的に見ていこうと思います。


それぞれ単語の掲載数は?

結論から言うと、

上級編:1,000個
超上級:1,000個

これをどう捉えるかはその人次第ですが、英→英で書かれている単語帳であることと単語の難易度を考えると、個人的には満足できる掲載数だと思います。


単語の難易度

本のカバーには、上級が9000語レベル、超上級は20,000語レベルと書かれていますが、実際はどうでしょう?

さっと見てみた感じだと、上級は英検準1級~英検1級。超上級は英検1級に相等するぐらいの印象を受けました。
上級は9000語レベルの語彙なのは妥当な気がしますが、超上級はせいぜい15000語レベルぐらいじゃないでしょうか?

20,000語っていうので一体どんなのかと思ってたのですが、単語の多くは英検1級の語彙とかぶっているようです。

ただし、英検1級の語彙対策のための使用を考えている人は、1冊1,000語だけじゃ明らかに数が足りないので、別の単語帳をメインで使って、こちらは補助として使うのが良いです。

1級レベルの単語帳


中身のレイアウト

片側1ページの中で、見出しの単語があり、その下に英語で意味が書かれています。さらにその下には例文が書かれてあって、右側には単語の日本語の意味と例文和訳があります。

KIMG3154
※本の表紙についている帯

英語の意味でうまく取れなかったときは日本語も確認できるため、無理なく取り組めるようになっています。

すごく見やすいレイアウトで、使いやすいと思います。何と言っても、英語での意味がわかりやすい。単語の本質を日本語訳だけやりも掴みやすい点が素晴らしいです(´ω`)

また、全10ステージに分かれており、それぞれ1つのステージが100語です。綺麗に区切られているので学習ペースも立てやすいと思います。

良いと思ったのは、それぞれのステージの後に、しっかり100単語ぶんのクイズがあることです。

英語で意味が書かれており、その横に単語の最初の文字が1つ書かれています。赤シートで隠すことによって総まとめテストをすることができて良い感じです!

短時間で単語を一気に見直すのにも役立つし、英語の意味から単語がすぐ出てくるように瞬発的な練習もできるのですごく気に入ってます。


個人的な評価

I'd give it a 4.5 on a scale of 1 to 5! 
(5点満点で4.5 )

ということで、全体的にかなりオススメです。

ぼくはアルクの単語帳(上級と超上級)を使って英検1級に合格する語彙力をつけて、その後もそれら2つを使っていましたが、しばらくは英英英単語の上級&超上級に置き換えようと思います。

英検1級をすでに合格してる人、べつに英検は受けないけどそれ相応の語彙力をつけておきたい!という人には本当にオススメ!

まず英検合格を目指す人はそれ用のものをメインでまず始めるのが良さそうです。

なぜ5点満点の4.5なのかと言うと、

和訳の代わりに、よく使われるコロケーションをいくつかリストアップしてほしかったからです。

まあそこまで求めすぎるのもフェアではないので、とりあえずこの単語帳には満足です!

英語の意味を英語のまま理解することは、能動的語彙を増やすのにも役立つと思っているので、そういった目的で使うのもオススメ!

気になったら買って損のないよくできた単語帳だと思います。

Twitterの英語学習者はかなりの人が購入しているようで、他のレベル(初級~中上級)までそのうち出るんじゃないかなと予想しています。そうなれば、間違いなく日本の市販の単語帳ではダントツの単語帳になるはずです。