地元の今治が舞台の物語ということで、「天使は奇跡を希う」を読んでみました。

天使は奇跡を希う (文春文庫)
七月隆文
文藝春秋
2016-11-10



まずこの作者の「七月隆文」さんは、あの大ヒットした「僕は明日、昨日の君とデートする」を書いた人です。
それも読みましたが、本当に感動する作品でした。ぼくの一番好きな小説になりました!


なので今回の作品もかなり期待できそう。なんせ舞台は我が今治です!←ココ重要!


まず本の帯から作者の言葉を引用。

私に期待されるお話はなんだろう、と考えました。『ぼく明日』を楽しんでくれた人達が私に期待する新作は、どんなものであろうと。
「ラブストーリー」であり「秘密」があって、
「それが明らかになったとき、はっと印象が変わる筋書きのもの」ではないだろうか。
だから、『天使は奇跡を希う』は、そういうお話です。



この小説、ずばり結論から言うと、かなり良かったです。話が進めば進むほどボロボロ涙が止まりませんでした。ぼく、映画やドラマ、もちろん本ではまったくと言っていいほど泣かないのに、すごく感動しました。

前作の『ぼく明日』もかなり良くて、さすがにあれは超えてはないだろうと思って読み始めたのですが、余裕でハードルを越えてきました。それぐらい素晴らしい話でした。

読み終わると、自分の中で1番の小説になりました。本当にそれぐらいよかったです!

もちろん、地元が舞台だからというバイアスは抜きですよ!(笑)


まず、前作同様、今回もすごいな~と思ったことは、とにかく読みやすい。とくに最初のほうはサクサク読めてしまうんです。そして、しばらく進むと少し気になることが出てきだして想像を膨らましながら読むようになり、話の核心である秘密がわかると、一文一文を噛みしめながら読むようになる。

夢中になりすぎて、一晩で読み終えてしまいました!


今回もとにかくすごかったです。

途中で秘密がわかると、印象がガラっと変わりました。秘密がわかって最初から読み直したときに、まるで違う話を読んでいるように感じます。また最初から読み直したくなるんです。そしたら、最初のサクサク爽やかに軽快に進んでいく楽しい展開が、すごく切なく感じるんです。一冊の本で二回も楽しめるストーリーになってます。


そして、この本、今治の色んな場所が出てきます。それもかなりの数!


出てくるところ全部ぼくは行ったことがある場所で、しかも海沿いの道や大通りなど、割と細かいところまでしっかり描写されていて、頭の中で完全に風景をイメージすることができて楽しめました(笑)


ストーリーの内容だけでなく、今治の「田舎の港町」としての良さも伝わる小説でした(^^)

作者、なんでこんなに詳しいんだろう。今治にゆかりのある人なのか、現地で綿密に調査したのか。
とにかくかなり細かく描写されていて驚きです(笑)

もう一度いいますが、舞台が地元のバイアス抜きで最高の話です(笑)
こんなに感動的な小説があるのか。


この、『天使は奇跡を希う』は、絶対に映画化されると思います!!

ぼくが読む小説って、今のところ、ほとんど全部映画化されているんですよ。前作もその1つです(笑)

そして今回の話、ほんとうに最高だったので、これも間違いないでしょう。


映画化されるまでに、1日か2日使ってこの小説のロケ地?巡りをして全部写真を撮り、また新たな記事を書こうと思います(^^)


とにかくこの小説は必見です。やっぱ読書はいいですね~♪


前作『ぼく明日』もすごく良いのでぜひ!