ぼくはこのブログをTwitterと連携させているので、普段はよくTwitterを利用しています。

ついったを使っている目的ですが、基本的には、

・英語学習に関する情報収集
・ブログの宣伝
・純粋に英語が好きな人と繋がりたい
・自分の英語学習のモチベーションUP

が主な目的です。

これもいつかほんの少しの注意点も含めて詳しく記事に書きたいのですが、

英語学習中の人はTwitterで英語用のアカウントを作って自分と同じように英語を勉強中の人と繋がるのがオススメ。

基本的にはかなり役立つ、というか他の頑張っている仲間を見て自分もがんばろうと思えるのが一番いいところです。


そして本題に入りますが、Twitterを利用していて、「フォローする基準」について考えることがありました。なのでたった今筆をとっているところです。

というのも、しまなみ英語BLOGを3月に開設したのと同時に英語用のTwitterアカウントも利用し始めたんです。

そうしたらありがたいことに、この半年間でフォロワーさんが約250人にまで増えました。

ここまで淡々と書いてるけどほんとに嬉しいよ!

実際250人はそこまで大きな数字ではないんですが、リアルの知り合いや友達とのコミュニケーションのために学生の頃からプライベート用のアカウントも使っているわけなんですが、そちらで繋がっている人数を遥かに越しているんですよね。

なのでぼくにとっては250人ってけっこうビックリ。

そのフォロワーさんですが、6月ぐらいから一気に増え、その後も緩やか~に増えていって、どんな人がぼくをフォローしてくれているのかちゃんと見れていなかったんです。

なので、なるべくフォローバックしようと一人ひとり上から確認していってたんです。

そしてまだ途中ではありますが、そこでフォローしたい人、しない人に分かれることに気付きました!(⬅当たり前ですが)


これはあくまでぼくの中での基準なんですが、

フォローしたい人
フォローしたくない人


の特徴を書いていきます。

Twitterで、ぼくみたいな一般人からのフォローの数を増やしたい人は参考になるかも。

まずはフォローしたくないアカウントの特徴から。


1.ほとんど呟いていない

呟いているのが数ヵ月前とか一年前とか、更新される様子がないものは得られる情報がないのでフォローしたいとは思いませんね。


2.アカウントがたまご。

プロフィール写真を何も設定していなくて、初期のたまご型のアカウント。これもなんとなく興味が湧きません。写真はイラストでも何でもいいので大事だと思う。


3.怪しい商材の押し売りアカウント

例えば、
「インターネットで年商1億円稼ぐノウハウを教えます」
「英語で挨拶すらできなかったぼくがたった3ヶ月で英会話がペラペラになった方法を公開します」

みたいなやつ。こういうのに騙される人は少ないとは思いますが、やはり嫌悪感を抱きますよねー。


4.他人のリツイートばっかり。

ただひたすらリツイートしているアカウント。ぼくが知りたいのはその人の意見や考え、あるいは日常的なつぶやき。とにかくどんな人なのかが知りたい。なのに他人のリツイートばかりのアカウントはオリジナリティがないので興味を持てません。

つぶやきの数に対してリツイートが半分以上のアカウントはあまり。。タイムラインもごちゃごちゃしますし。


5.他人のブログ記事のシェアばかり。

これもリツイートに似ているのですが、仲間内でブログ記事に一言コメントを添えて共有するブロガーが最近増えているんです。

もちろんそれ自体はいいことだと思うんですが、つぶやきの半分以上が他人のブログに関してのコメントはちょっと。

内輪では良い関係作りにはなっているのでしょうが、外野から見たらそこはどうでもいいんですよね。

というのも、ぼくが知りたいのは「本人」に関することなんです。なのにほとんどのつぶやきが他人の記事。しかもほとんどどうでもいいこと。※ボロクソ言ってごめんなさい。

要するにリツイートばかりのアカウントと同じでオリジナリティがないんですよ。でもこれは裏を返せばぼくがその人に興味があるからそう思うんです。もっとあなたのことが知りたい。何かの意見や出来事でも何でも些細なことでいいので自分のオリジナルの考えを発信してほしい。

すでにフォローしている人(ブロガー)はぼくが興味を持った(持っている)からフォローしています。なのでなおさら自分自身のことをメインで発信してほしい。フォローしている人のブログは毎回どれもけっこう楽しんで読んでます。だから期待しちゃってるのかも。

興味があるのでそういう人もフォローさせてもらっていますが、これから新しくそういう人をフォローするつもりはないかも。いや、新しくそういう人には興味を持つチャンスがないというのが正しいかも。


6.共通の興味や趣味がなさそう

これは仕方ないと思うんです。ぼくは英語、AAA、サッカーなどが好きなので、基本的にはどれか共通の趣味がある人と繋がっています。

逆に共通の興味や趣味がない人はフォローを返していません。さすがに全員にフォロー返していくとタイムラインがごちゃごちゃになっちゃうので。。それでもフォローしてくださっていることには感謝しています!


7.ブログ更新のお知らせだけ

これはぼくもバランスを気をつけています。それだと多分シンプルにおもしろくないから。嫌悪感をもつ人もいると思います。

ブログ更新のお知らせだけのアカウントに限ってそのブログはアメブロでてきとーに数行(Twitterに1回か2回つぶやいたら収まるぐらいの字数)だけ書いてる内容の薄さだったりします。

それにブログ更新のお知らせだけだったら、どんな人が書いてるのかもあまりわからないし興味が持てないんですよね。またしてもですが、ぼくがTwitterを通して知りたいのはその人自身のことです。


逆にフォローしたいと思う人は、基本的に上記の逆のアカウントですが、

1.共通の興味や趣味
2.定期的につぶやいている
3.たまごじゃない
4.少なくとも半分以上は自分のオリジナルのつぶやき(どんな人なのか垣間見える)

かな。とくに最初の「共通の興味や趣味」と最後の「その人自身のつぶやき」が一番大きいと思う。

あと個人的には、けっこう燃えそうな(際どそうな)ことを書いている人も好きです。その考えが倫理的にアウトなら距離を置きますが、そうではなくてその人の強い信念というか考え方がハッキリみえる強い口調は好きです。

最後のは余計ですが、ぼくのような一般人は1~4の条件が当てはまるとフォローする人が多いんじゃないかなと思いました。

ここまでなんとなく思ったことを書いてきましたが、なんかちょっとブロガーさんに向けてのメッセージになっちゃっているような気がします(^_^;)

とにかく言いたいのはフォローしてくださっている人たちみんなありがとうございます。

そしてフォローしている人たちはみんな呟きを楽しませてもらっています。


今回は英語にはほとんど関係なかったですが、とりあえずここまで。