せっかく英語のブログを書いているので、来月(2017年11月)から英語学習の進捗状況を月に1回記録していこうかなと思います。

今年の7月からStudyplus(スタディプラス)という学習アプリに勉強内容や時間を記録しているのですが、これを機会にそれを毎月振り返りながらブログのコンテンツにしようというわけ。

飽きなければ続けます笑

同じように英語を勉強している人はぜひブログ、ツイッター、スタディプラス何でもいいのでぜひ繋がりましょう!


とりあえず今月からしばらくは英語のインプットの割合を増やそうと考えています。


アウトプット(英語を話したり書いたりする練習)はすごく大事で、練習に比例してある程度のレベルまではなんとか向上します。

ただ、インプットが足りていないと英語を話したり書いたりする力も頭打ちに。

アウトプットとインプットを同時に勉強できるのに越したことはないのですが、時間は限られているのでたいていどちらかに多く比重を置くことになります。

ぼくは高校卒業して以来ほとんどインプット学習をしていません。

大学に入ってからは英語を話さなければいけない環境だったのでスピーキングに力を入れてきました。

そして大学からまさに今までずっと、シャドーイングや実際の会話にほとんどの時間を使っていて、机に向かうような勉強はほとんどしていません。

[画像:ac3b0eda-s.jpg]

[画像:b0a50b66-s.jpg]

これはぼくの8月の学習時間の記録ですが、62%がオンライン英会話、20パーセントがBBC Learning English(シャドーイング)です。さらに4%は教材のシャドーイング。

これらが合計86%、つまり学習のほとんどがスピーキングのためです。

こんな感じでスピーキングに特化した勉強を5年ほど続けてきたので、スピーキング力に関しては高校卒業当初に比べると比較にならないくらい伸びました。昔の自分が見てもかなりびっくりすると思います。もちろん高校卒業してすぐの自分と比べてなので、実際はまだまだです。

それで最近気づいたんですが、大学卒業してからスピーキング力に大きな変化がないんですよね。スピーキングはきっちりと練習すれば簡単に伸びます。

そのスピーキングが伸びてからさらに一段階上に進むには、やはり新しい単語や表現などを仕入れないといけないなーと。

Fluency が例えMAXになったとしても、さらに細かな表現力にUPのためには新たな語彙や表現を自分からインプットしていかないといけないんですよね。知らなければ当然使えませんからね。

インプットとアウトプットは同時並行できるのが望ましいですが、そうでない場合はそれらを交互に繰り返していく必要があるはず。

(1)インプット(基本的なレベル)

(2)アウトプット(言いたいことがほとんどスラスラ言えるレベルまで)

(3)インプット(さらに高度な語彙や表現)


以下アウトプットに続く


みたいなイメージですかね。

英語を使いこなせるようになりたい場合はこの2段階目のアウトプットに莫大な時間を使うべきだと思っていますし、実際にぼくもそうしてきました。

ただ、もう自分は次の3段階目のインプットの段階までのレベルに到達したんじゃないかなと偉そうながら思っています。

多分ある程度のスピーキング力には到達しているはずなので(3)に向かわない限りスピーキング力はこれからもあまり変わらないと分析しています。

なのでアウトプットのレベルをさらに1段階上げるためのインプットをしていこうと思いました。

今までのアウトプット:インプット=8:2 を

アウトプット:インプット=3:7 もしくは 4:6

ぐらいの割合にするのが目標。

シャドーイングとか会話は楽しいんですよね。だからけっこう時間を使ってしまいそれで満足してしまう。その結果インプットの時間が減る。今までまさにこんな感じ。

だからまずインプットをしばらくはメインに。

スピーキングに関してはおそらくシャドーイングのみで現状維持はできます。それに仕事でも英語を話しているので問題ないかと。

さあどうなるか。


具体的には

1.単語を再確認





それぞれ語彙レベルが英検準1級と1級に対応しています。とりあえずは1日200語再確認しながらしばらくこの2冊を回そうかな。

上級の3000語は意外と会話で使えそうな語彙がけっこうあったりもしますね。超上級はちょっと微妙だけどニュースのディスカッションとかだと使えそう。


1100 Words You Need to Know
Murray Bromberg
Barrons Educational Series Inc
2013-03


1100words you need to know は上の単語帳2冊と重複している単語がけっこう多いですが、上2冊でカバーしきれない部分を拾うため。これけっこうおもしろいんですよ。

オンライン英会話始めてそっちに時間を割きすぎていつの間にか使わないようになっていたのでもう一度再開。


2.英語の表現と例文の引き出しを増やす



この本何気に英語中級者から上級者以上の人までみんなオススメです。

例文が7000個もあるので年単位で繰り返し反復して自分の物にしようと思う。例文祭りで見てるだけでもおもしろいけど音読しながら引き出しにしたい。


とりあえずはこれらをメインに、アウトプットはシャドーイングと発音アクセントトレーニングにみにしようと思います。

オンライン英会話はお金の引き落としに失敗し退会になってて、もう1回始めようと思っていましたがこれを機にしばらく離れてみることにしました。


気分転換に洋書もはさみつつ、しばらくはこんな感じでやってみます!