今回のこの記事ですが、

・英語初級レベルの学習者

・これから本格的に英語学習を開始する人

・今の中学生やその保護者


などに読んでほしいと思い書いています。

タイトルの通り、この記事の目的は「音声学習」の重要性を伝え、学習の早い段階で取り入れるべきだということを理解してもらうということです。

こういうことを伝える人や先生に早い段階で出会えるかどうかが英語上達の大きな分かれ目になってしまっていると思うんですよね。

ぼくは中学高校では「音声学習」が大事だということを教えてくれる先生には一人も出会えませんでした。残念ながら。

今ぼくが中学高校に戻れるとしたら、自分の英語学習スタイルを100%ガラッと変えますね。つまりは、

ぼくは自分の英語学習に関して、今色々とわかった後ということもあり、後悔をしているということです。

ぼくのような人がそういった失敗(後悔)も含む経験や知識をシェアすることによって、これから英語学習を始める人、とくに2020年からの英語教育改革の波を乗り越えないといけない現中学生はでっかーいヒントを得られます。


そもそも「音声学習」とは何なのか、なぜ重要なのかといったことを説明していきますね。

2020年から始まる英語教育改革にも少し触れたいと思います。



2020年からの英語教育改革

もう決定なので、学校英語は従来とはまったく違った新しい時代に突入することになったと言ってもいいですね。

2020年からは英語の4技能(読み・書き・聞く・話す)すべてを満遍なく伸ばしていくことが必要です。

となると、ほとんどの日本人が苦手とするスピーキングにも向き合わなければいけません。

これに生徒だけでなく学校の先生も対応できるかが疑問ではありますが、ようやくこの流れが来たのかという感じです。批判する人もいるけど個人的にはいい流れだと思いますね。

今までは文法と読みだけしかやってこなかったので、大半の人はそりゃあなかなか出来るようにはなりません。

と言っても、読みすら怪しいのが現状。だって学校の授業は1時間ダラダラ文章中の英文構造を分析しているだけで読んでいる量自体かなり少ないですし。


ここでようやくスピーキングにも読み同様に意識が向けられるわけです。


ここがめちゃくちゃ重要で、

実は「スピーキング」が英語のその他の技能の土台にもなっているですよ。


関連記事:英語学習】Jアプローチでスピーキングを中心に鍛えることで4技能がバランスよく伸びる。


なのでスピーキングにも少なからず意識が向くこの改革は色んな人が言うほど悪いわけではないんです。リスニングはもちろんスピーキングにも目が向けられることで、音声学習の重要性も自然と高まります。

そして、英語の習得において、この「音声学習」が不可欠なんです。



音声でのやり取りが言葉の基本

英語も日本語も1つの言語です。言語の本質とは「音声」です。

もともと言葉は音からできています。人間は音(声)でお互いにコミュニケーションを取り始めました。これが言葉の誕生です。そしてその後に音を記録するために生まれたのが文字なんです。

先ほどの米原先生の引用ツイートの通りで、文字は音を乗っけているだけで、言語の基本はまず音声。音声あっての文字なので、もし文字だけだとそれはただの記号でしかありません。

なのにそこをすっ飛ばしていきなり読み(黙読)したり文の構造解析ばかりしている現状はかなりおかしいですよね。

ぼくたちだってまずは日本語を話すようになってから読み書きを学校で習い始めますよね。いきなり読みから入りますか?少しは話せるようになって、ある程度読めるようになってます。

話したことも声に出してみたこともない言語を、いきなり文字だけ見て読めるようにと練習するのはおかしな話じゃないですか?あまりにも効率悪いですよね。結果としてスピーキングはもちろんリーディングにも大きな成果は出ません。これが現在の英語教育。

そして未だに学校卒業後もかなり多くの英語学習者は読みや文構造の分析ばかりに徹するんです。

そもそも英語の勉強をしていると思っていても実際は日本語の解説や和訳を読んだりしてる時間のほうが英語に触れてる時間よりも長い可能性すらあります。

そういう教育を受けてきたからそれだけが正しい勉強方法だと思っているんでしょうね。

読みだけでなく、音声学習を取り入れるだけで学習効果は一気に上がります。



そもそも音声学習とは?

ここまで読むと「それなら英会話ばかりしてたらいいのか」と思う人がいるかもしれませんが、そういうことではありません。

シンプルに言えば、音声学習とは英語をしっかりと声に出して読む学習のことです。

いわゆる音読や暗唱、シャドーイングなどですね。

こんな簡単なことを教えてくれる先生も実践している人もぼくが中学高校のときは誰一人いなかったんですよ。そもそも授業中に英語を声に出して読んだ記憶が1つもないw

ぼくは高校卒業後に英語を使わざるをえない環境になったので、使える英語を意識した結果自然と音声学習を始めるようになりました。

それだけで、高校生のときに英語の勉強でバラバラに分解された英文を並び替えてみたりかっこの穴を埋めてみたり、英語を見ながら美しい日本語をカリカリ必死に書いてみたりしてた頃よりは数段マシになりましたよw

「今まで何しとったんやろ」と本気で思いましたし今も思ってます。

学習者をしっかりと導ける先生の存在は大事ですね。今はたくさん素晴らしい先生がいますが昔は全然いませんでしたよ。素晴らしい先生に会えたとしたらそれはかなり幸運なことだったはずです。

とにかく英語の勉強において、英語を声に出して読み体に英語を染み込ませるというのが大切です。


みなさんはしっかりと英語を声に出して読んでいますか?

国語の授業でもしっかり声に出して読んでいませんでしたか?古文や漢文だって何回も声に出して暗唱できるようにしていましたよね。

英語ではしないというのは不思議な話です。


ぼくは中学生や高校生には「とりあえず教科書を何十回も何百回も馴染むまで声に出して読み倒せ」というアドバイスを送りたいです。もちろん学生だけでなく大人の英語学習者もまったく同じです。

ただし、声に出して何回も読む英文はすべて理解している前提ですよ。理解した文を声に出して何十回も読んで体に染み込ませるんです。



具体的にどんな学習をすべきか

もちろん読み書きも大事ですが、スピーキングを優先するとまでは言わなくても、英語を話せるようになることを意識した学習が結果として言語の習得に繋がると思います。

ある程度話せるようになると、読み書きのレベルも上がりますからね。

スピーキングはすごく大事かなと思います。

学習方法ですが具体的には、

・単語を覚える
・たくさんの例文に当ること(もちろん声に出す)
・音読や暗唱、シャドーイング
・スピーチ練習


を基本とすればいいとぼくはずっと考えています。


米原先生はスピーキングの重要性を発信されていて、小学生で英検準1級合格を出したりと確かな実績がある方ですが、学習法に関してはぼくもほとんど同じ考えのようです。

なので以上の4つを学習に取り入れることを強く勧めます。


実はブログ内でこれらの学習方法に関しては以前から記事にして具体的にやり方を書いてあります。

この記事をここまで読んでくれた方はぜひ合わせて読んでみてください。

【英会話】初心者からの勉強法をまとめたよ!独学でも英語は話せるようになる!

英語シャドーイングの効果と正しいやり方を本気でまとめよう。

英語の1分間スピーチは英会話初心者にオススメの勉強法!


これで初級学習者やこれから2020年の英語教育改革に向き合っていく現中学生は良い方向へ向かえるはず。

ぼくの勉強してきた経験や知識をすべて惜しまず書いているので、しっかりとそれを日々の学習に取り入れられれば少しずつ英語は話せるようになっていくと思いますよ。