今治にはいくつか温泉がありますが、その中でも新しいのが喜助の湯です。

アクセスは抜群で、今治駅のすぐ前にあります。喜助の湯はアクセスが良いだけではなく、かなりユニークなおもしろい温泉になっています。

実際に行ってみたので紹介したいと思います!

IMG_20180225_004417_083

これは正面の入り口です!自転車がありますよね。ここが大事なポイント。

今治はサイクリングの街なので、しまなみ海道を走るためにたくさんのサイクリストが訪れます。

喜助の湯は「日本一サイクリストの集まる温泉」というのを売りにしているようで、サイクリストへのサービスが充実しています。


IMG_20180129_032917_315

実はつい最近リニューアルされて、中はすっかりオシャレになっています。前もオシャレでしたが、以前よりもサイクリスト仕様になりました!

一般の人は550円の券で温泉に入れます。これが普通の券です。

少し贅沢に1200円~1500円ぐらいの券(正確な値段忘れたw)を買えば、それで温泉に入れるのはもちろん、2階と3階のラウンジも使うことができます。

ぼくはこっちの券を買ってラウンジも使いましたが、これがめちゃくちゃ良い。快適すぎて、全然1日過ごせてしまいます。

ラウンジ以外にも、なんと喜助の湯には、レストランや美容院もついています。これは誰でも利用可能です。

レストランでは鯛めしやせんざんき(唐揚げのこと)など地元の料理が楽しめます。

KIMG0715
KIMG0719

雰囲気よし。光の具合もいい感じで、落ち着いたオシャレな空間です。

鯛めしとせんざんきを食べてみました!

KIMG0874

KIMG0873

鯛めしは主に二種類あって、今治などの東の地域(東予)では、鯛を炊いています。宇和島などの西側(南予)では鯛めしはこの写真のように刺し身です。

喜助の湯の鯛めしは、今治では珍しい、南予風です。どちらも美味しいので試す価値あり!

せんざんき(今治の方言でからあげ)は今治の名物料理の1つです。写真だとくっついて見えますが、ちゃんと離れていますよ。

甘いタレと相性抜群でこれもおいしかったです。

ゆっくりご飯を食べたら次はお風呂に入ります。お風呂ではもちろん写真は撮れないので、写真はありませんw

お風呂はかなり広々としていて、電気や泡風呂?歩行浴、サウナなど色んな種類があります。

お風呂の壁の絵も何気に見所です。

お風呂に上がったらコーヒー牛乳を飲んで、いざラウンジに!


KIMG0875

2階には謎の揺りかご2つと、岩盤浴があります。岩盤浴は体がポカポカして汗をかくので、お風呂に入る前に使うのがオススメです。

次は3階に上がります。

KIMG0877

KIMG0876

すごいオシャレでしょう?座ってのんびりできるところがあります。遊べるゲームも何個か置いてくれています。

写真に撮るのを忘れていましたが、漫画がたくさんある書庫みたいな部屋があります。漫画選びたい放題!


KIMG0878

オシャレBARもあります。ぼくが行ったときは何もしていなかったのですが、おそらく定期的に何かお酒のイベントをやっていると思われ。

あ、ちなみにコーヒーの機械があって、コーヒーは飲み放題です。ぼくはコーヒーが飲めないので、ジュースも置いて欲しいです。。喜助の湯の人がもしこれ読んでくれていたら、ぜひご検討ください。笑


この奥にはさらにリラックスできるスペースがあります。

KIMG0879

KIMG0880

カプセルホテルを彷彿させる近未来的な雰囲気です。

真ん中にはハンモックやクッションなどが置いてあって、それを囲うようにベッドがたくさんあります。

2枚目はベッドの中から撮りました。そこから少し見えると思いますが、ベッドの向かい側には蜂の巣の形をしたスペースがいくつかあって、その中でもリラックスできます。

ここにスマホや自分が読みたい本、もしくは喜助の湯の漫画を持ち込んでゴロゴロしながら時間を過ごすわけです。

これがめちゃくちゃ快適です。ぼくはベッドの中でゴロゴロしながら漫画を5冊ほど読みましたw

温泉に入った後のリラックスした時間は格別です。全然余裕で1日過ごせます。これはハマりますね~。

普段の仕事で疲れている人なんか癒しを求めて来ればいいですよ。笑

そして深夜には追加料金が1000円ほど必要で、それを払えば宿泊ができるということですね。

2000円台でこの施設を一晩使い放題というのは、かなり良いですね。今治にはゲストハウスや安い宿がいくつかありますが、頑張らないと喜助の湯に負けてしまいますね~。。


とりあえず、まとめると

・風呂が綺麗で広い

・街の個性が反映されててユニーク

・オシャレな雰囲気

・リラックスした休日にぴったし

・1日快適に過ごせる

・家族でもカップルでも友達でも一人でも何でもあり


こんな感じで喜助の湯にはすごく満足です。星を5つ差し上げましょう。

ただし、1つ重大な問題があって、それはタトゥーを入れている人は温泉に入れないということ。これはかなり時代にそぐわないので今すぐルールを書き換えたほうがいいと忠告しておきます。

観光地としての温泉を目指しているのならば、これは尚更大きな損失です。

外国ではタトゥーは当たり前で、彼らの文化の1つですが、そういった人たちが利用できないのは可哀想ですし、そもそも保守的な態度過ぎると思います。

これを読んでいたら早急にご検討ください。ぼくの友達の外国人が道後まで行かないといけないと嘆いていて不憫です。


ただしそれを除けばとても良い温泉です。

温泉に入って、また漫画の続きを読みに来ますね。ブログもゴロゴロしながら書きたいと思います。

観光客やサイクリストはもちろん、地元の人でまだ行ったことない人は行ってみるといいですよ。


観光の方はお土産に今治タオルでもどうぞ。地元の人にとってはプレゼントの定番ですね。


今治は広々としていて海と山に囲まれたいい街です。サイクリングぐらいしかすることないと思いますが、しまなみ海道の景色は抜群なのでぜひ遊びに来てください。今治の島々は観光にぴったしでおもしろいですよ。