いきなりですが今回は「英語がたった3ヶ月で話せるようになる○○」的なやつについて。

こんな感じのやつを本のタイトルやネット上でよく見かけます。

この3か月はまだいいほうで、ひどいやつは1ヶ月とか2週間とかのやつもあった気がします。


みんな好き勝手書きすぎでしょ(笑)


そもそも、いかなる方法をとったとしても語学をたった数ヶ月でマスターすることは不可能です。

もしできたとしたらそこらへんの日本人みんな英語ペラペラでしょ。でもそんなことはない。


喋り始めた子どもがたった数ヶ月で母語をスラスラ使いこなせるようにはなりません。それと同じです。

たった3ヶ月でどれだけ頑張っても、少なくとも「話せるようになった」と思い込んでるだけで、実際まだまだ穴だらけです。高度な会話などは程遠い。


でも3ヶ月で全く効果がないとまでは言い切りません。

3ヶ月みっちりやりこんだら、英語を話すことに前向きになる「姿勢」や「きっかけ」なら作ることができます。


少し辛口になるけど、ネットとかでよく見る「たった3ヶ月で英語が○○できるようになった~」みたいなこといってる人たちに英語が抜群にできるような人はいない気がします。

TOEIC満点、英検1級、通訳案内などの資格を持つような人で「たった3ヶ月で~」などと言う人は見たことないです。

彼らは語学習得にはしっかり時間と努力が必要だとわかっていて、半端なく努力して英語を身につけています。

Twitterなどで彼らの様子を見ると、自分はまだまだやなーとよく思い知らされます。


短期間で英語がマスターできると聞いてすぐに飛び付いてしまう人はすごく多いです。

スピードラーニングとかもそうですね。
聴いてるだけじゃあ話せるようにはなりません。


人は楽な方を選ぼうとします。まあそりゃあ誰でも楽ができるものならしたいですもん。

すごく気持ちはわかります。


でも語学は忍耐強さが必要です。決して楽ではありません。

英語学習以外のすべてのことにおいても同じことが言えますが、長期的に考えた上での目標や手段を考えて、たんたんと続けていくことが必要です。

甘い言葉に惑わされず、色々な方法を考えたり、他の人の方法を参考にしたりしながら、黙々とたんたんと学習を継続できる人がしっかりとした英語を身につけていくことができます。


とりあえず続けること!!


短期的に考えずに、長い時間をかけて努力を重ね続けていきましょう。