英語には色々な種類があり、アメリカ英語とイギリス英語の2つに単純にわけることはできませんが、英語学習者にとってはこれら2つが主流ですよね。

アメリカ英語とイギリス英語では、よく使われる語彙にも少し違いがありますが、発音・アクセントはとくに大きく異なります。

そこで、今回の記事では、「日本人はアメリカ英語とイギリス英語のどちらの発音を身につけたらいいのか」について考えていきます。

ちなみに、イギリス英語は発音・アクセントに地域差や個人差が大きく多用なので、この記事でいうイギリス英語は標準発音(Received Pronunciation)やそれに近いアクセントに限定しておきます。


英語学習の観点から言うと、アメリカ英語のほうが良い

基本的にはほとんどの英語学習者はアメリカ英語の発音とアクセントを習得することを目指すといいと思います。

なぜかと言うと、日本では英語の教科書だけでなく、ほとんどの市販の教材がアメリカ英語だからです。

発音・アクセントを身につける練習(発音本のリピートやシャドーイング全般)では、自分の身につけたいアクセントの英語に統一したほうがいいです。

こだわりがない人は発音やアクセントを気にせずに色んな素材をやればいいのですが、特にイギリス英語を身につけたければ、アメリカ英語のものをリピートしたりシャドーイングしたりせず、イギリス英語に統一しなくてはいけません。

そうなったときに、イギリス英語を身につけたい人だと練習素材の選択肢がかなり限定されてしまいます。

逆に、日本では基本的にアメリカ英語なので、ほとんどの教材の音声でアメリカ英語の発音とアクセントで話されています。

つまり、アメリカ英語だと練習用の素材を実質選びたい放題で数をこなしやすいため、日本人にとってイギリス英語よりもアメリカ英語のほうが身につけやすいです。

音声つきのものは何でも真似して声に出して言ってみるのが英語上達の秘訣ですが、アメリカ英語だと縛りがなくどんなものでも活用できます。

言ってしまえば、英検、TOEIC、TOEFLなど色んな英語資格試験のリスニング問題もすべてシャドーイングやリピーティングに活用できるので、テスト対策をしつつ同時に英語力そのものも向上させやすいです。


アメリカ英語のほうがテストに有利

英検、TOEIC、TOEFLなど、イギリス英語も一部聞かれますが、やはりアメリカ英語がテストでは主流です。

アメリカ英語に慣れている人はイギリス英語が聞き取りづらいと言いますが、イギリス英語に慣れている人には逆にアメリカ英語が聞き取りづらく感じます。

なので、アメリカ英語の発音とアクセントに馴染みのある人のほうが資格試験でかなり有利です。

ただし、どちらかの発音・アクセントに寄っていても、そもそものリスニングのレベルが高いほど不利・有利の差が小さくなってくるので、そこまで心配するほどのことではないかもしれません。

ただ、テストを考えるとアメリカ英語のほうが無難ですね。


アメリカ英語の発音を学ぶことの弊害

ただし、アメリカ英語の発音を日本人が身につけようとすると、やりすぎて少し品のない響きになってしまうことが少なくありません。

アメリカ英語の発音では語尾のRの音が強い(舌を巻いて出す喉にこもるような音)のですが、これをやるとそれだけでなんとなく英語っぽく聞こえます。

語尾のRの発音ができるようになったら、その結果それを多用するようになり、Rの音がそもそもない単語にまでその音が表れる人がかなり多いのです。

例えば、because や idea が代表的な例です。

発音ができる風の人に多いのですが、全体的にベトッと聞こえて耳につくことがあります。

アメリカ英語を学ぼうとするとこういう間違った癖がついてしまうことは多いのです。

またapple や ask などのa(アとエの中間のような音)ももともと少しベタッと聞こえます。これ+どこでもRが混じってしまうとけっこう耳につきます。

もちろんこういった癖がない(克服した人)のアメリカ英語は綺麗ですし、すごく英語らしいと思います。


発音はイギリス英語のほうが上品で綺麗

個人的に、アメリカ英語は全体的にネチネチと聞こえるのですが、イギリス英語はネチネチ感がなく上品に聞こえます。

まず標準的な発音では語尾のRは発音しません。そして、can't や ask などのa は、アメリカ英語の発音(アとエの中間のような音)とは違い、口を大きく開け喉の奥から出すスッキリとした「アー」という音です。

それだけでも一気にネチネチ感がなくなります。聞いてて心地よく、スッキリしているのがイギリス英語です。

また、イギリス英語の標準発音(Received Pronunciation)はPosh accent と言われることもあります。

posh は上品な、気取った、というような意味です。つまり、気取った上品な発音が、イギリス英語の発音というわけです。

実際に、世界的にイギリス英語のほうが模範的な英語とされています(発音だけでなく文法なども)。

実際に、ヨーロッパではイギリス英語が主流のようですし、植民地だったインドもイギリス英語で英語教育で使われています。ニュージーランドやオーストラリアも多少の発音やアクセントは違えど、もともとイギリス英語からの派生なので、アメリカ英語よりはイギリス英語に近いです。

また、イギリス英語のほうが一目置かれます。そして、イギリス英語のほうがモテるという神話まであります。本当かどうかはわかりません。

ラブ・アクチュアリー [DVD]
ヒュー・グラント
2017-06-30


Love Actually というクリスマスの王道のイギリス映画で、一人の登場人物がイギリスではモテないので、モテるためにアメリカに行きます。

彼がバーでビールを注文していると、イギリスのアクセントを聞いて女の子が寄ってきて、water などの単語を発音するだけでキャーキャー言われる描写があります。結局彼はアメリカではモテて女の子を3人か4人GETしていました。笑

ちなみにその彼は、イギリスではYou don't have lovely English accent. のようなことを言われていました。(台詞を正確には覚えていない)それでもアメリカではモテたのです。

さて、いったんこの話はおいておき、大まかにアメリカ英語とイギリス英語の二種類で考えた場合、日本人には文化的にもイギリス英語のほうが合っていると思うんですよね。

イギリス英語を話す日本人より、アメリカ英語の日本人のほうがなんか違和感があります。

Heeey! What' up bro!! みたいなのはどうしても違うと思いませんか?イギリスの少し控えめな上品な感じのほうが日本にはどちらかと言えば合っていると思います。

アメリカ英語のほうが選択肢が多く身に付けやすいかもしれませんが、理想はやはりイギリス英語だというのが自分の考えです。


Neutral なアクセントが一番良い

いわゆる、「強いアクセント(訛り)がないね」と言われるような英語のことです。これが実際にベストな英語で、外国語としての英語話者が目指すべきところだと思います。

英語ネイティブと同じような発音・アクセントになるのは、幼少期から少なくとも10年以上はその国で毎日英語のシャワーを浴びる生活を続ける必要があります。

後からでも発音はいくらでも身に付きますが、「完全に英語ネイティブと同じ」になるのはほぼ不可能です。

本人や周りの人が限りなくネイティブに近いと思っていても、英語話者が聞いたらノンネイティブだといくつかの要素でわかるそうです。

なので、英語ネイティブとまったく同じレベルを目指す必要はまったくありません。

それよりは、強い癖がなく、世界のどこの国の人が聞いても理解しやすい、neutralな発音を身につけることが一番大事です。

そのような世界中で通じる理解しやすいNeutral な発音を身につけるには、イギリス英語の発音やアクセントを身につける(厳密に言えば身につけようとする)のが一番だと思います。

先ほど、アメリカ英語だと悪い癖がつきやすく、その結果全体的にベトッとした品のない響きになりやすいという話をしました。

逆にイギリス英語をベースにしていると、そういった癖がつくことがなく、全体的にスッキリとした綺麗な発音になります。もしアクセントが完全に身に付かなくても、その結果neutralな癖のない発音に仕上がります。

イギリス英語がベースのneutralな英語が一番理解されやすく、相手に負担をかけない英語なのではないでしょうか?

そういった理由から、やはりイギリス英語の発音・アクセントを学ぶことが日本人の理想だと思います。イギリス英語の発音やアクセントで学ぶことでneutralな英語に仕上がります。

個人的な話になりますが、ぼくは英語を話すとイギリス英語のアクセントと言われることが多いのですが、たまにアクセント(発音やイントネーションの癖)がないね、と言われることもあります。おそらくイギリス英語寄りのneutralなアクセントです。

これはやはり、イギリスに留学していたのもありますが、イギリス英語の素材のものだけを何度もシャドーイングしてきた(今もしている)からだと思います。


イギリス英語の教材も意外と多い

アメリカ英語の発音・アクセントを学ぶのであれば教材は無限にあります。それに比べると数は劣りますが、イギリス英語は一定数の学習者から人気があるために、意外と多く教材があります。

イギリス英語に特化したものは、アメリカ英語の教材に比べて数が劣る分、けっこうクオリティが高いものが多いので、うまく活用すれば力をつけながら発音・アクセントも学べます。

とにかくイギリス英語の特徴はその発音なので、聞いて徹底的に真似たりシャドーイングをするのみです。そうしていると、発音と同時に声に出して何度も読んだ英文の表現も身につきます。

イギリス英語の発音・アクセントとシャドーイングにオススメのものを以下の記事でまとめています。

関連記事:
イギリス英語のシャドーイングに使える教材まとめ。British accentをみにつけよう!

イギリス英語の発音本でオススメを2つに厳選!


この記事のまとめ

英語教材の豊富さ、資格試験のリスニングを考えると、日本の英語学習者にとってはアメリカ英語を学ぶのが無難です。

しかし、アメリカ英語の発音・アクセントだと、変な癖がついてしまう日本人がかなり多いです。その結果、全体的にベタベタした感じの響きの悪い英語になります。

教材などは限られていますが、理想的なのはやはりイギリス英語で、こちらのほうが上品です。アメリカ英語とは違い、イギリス英語を学ぶほうがスッキリした品のある発音に仕上がりやすいです。

また、アメリカのイギリスの文化を考えてみると、日本人がばりばりアメリカ英語を話しているのは少し違和感があり、それよりはイギリス英語のほうが合っているのではないかなとも思います。

イギリス英語の発音やアクセントを身に付けようとすると、自然と癖のないneutralな英語になっていくので、そういった意味でもイギリス英語が理想です。